スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク - -
     
シガンとヒガン
ドモドモ、ササカワです。
先日の台風で被害遭われた方、また今朝方の関東の地震で被害が拡大しないよう心からお祈り申し上げます。

さてさて、ここ祖谷ではとうとう彼岸花が咲き始めました。


暑さ寒さも彼岸まで。
彼岸入りにはちょっと早いですが、今朝の気温が13度まで下がり、震えながら起きました。


日中は25度前後で過ごしやすいですが、日没後から明け方にかけて、涼しいを通り越して寒く感じますので、祖谷にお越しの際には長袖の服を一枚持ってお出かけください。
tougenkyo-iya 08:57 comments(0) trackbacks(0)
     
青は藍より出でて藍より青し
ドモドモ、ササカワです。
お盆のお休みは皆さんどちらにお出かけになられましたか?
おかげさまで、落合集落の宿もここ数日は満室でした。
去年のこの時期は台風が毎週末のようにやってきて、
泣く泣くこちらからお客さんにお断りの電話をかけ続けた思い出があります。

さてさて、今日は「徳島県をご紹介シリーズ第二弾」
前回は大谷焼を紹介しましたが、今回は徳島が誇る!
でも、意外に知られてないかもしれない「あれ」をご紹介します。
続きを読む >>
tougenkyo-iya 12:59 comments(0) trackbacks(0)
     
放置型菜園記
みなさまこんにちは。スタッフオオラクです。

お盆のピークも過ぎて、少々落ち着きを取り戻しつつある今日このごろです。
この夏も全国からたくさんの方が桃源郷祖谷の山里へと足を運んでくださいました。
宿に置いているゲストブックにも新たなコメントやイラストが。
お客様がチェックアウトした後、ゲストブックをパラパラめくって読むのが密かな楽しみでもあります。

さて、5月頃ブログにちょろっと書きましたが、事務所ではじめた放置型プランター菜園が
この夏、なかなかの収穫となりました。7種類ほどの野菜やハーブが日に日に育っています。
中でも、驚きの生命力を見せつけたのが、ずっとシシトウだと思って育てていたピーマンです。
ある一定の高さまで苗が育ってから、その後一向に変化がなかったので、
もう駄目かと思って諦めていたのですが、あるときからグングン育ちだし、
この夏、大収穫となりました。いまなお収穫の日々です。


停滞期のピーマン


毎日次々と実をつけ続ける脅威のピーマンへ


ご当地感あふれるプランターで育つバジル


ちぎってもちぎっても生え続けるパセリ

そろそろ秋の収穫にむけて新しい種をまこうかと思いますので、
また新品種が増えたらご報告します。

シリーズ化をねらって。

ではでは。

 
tougenkyo-iya 15:26 comments(0) trackbacks(0)
     
夏祭り
みなさんこんにちは。
全国的に猛暑が続いておりますが、夏バテなどしておりませんか?
祖谷の朝晩は徐々に涼しくなってきており、少し肌寒いぐらいです。

宿はといいますと、連日、全国からたくさんのお客様をお迎えしております。
毎日フル稼働でバタバタ過ごしているスタッフでございますが、
忙しい今の時期だけ、アルバイトで助っ人2名が来てくれております。

ということで、せっかく夏ですし、我々も少しは夏気分を満喫しようということで、
仕事おわりにみんなで地元の夏祭りに行ってきました。

お祭り会場は一体普段どこにこんなに人が隠れているのかというほどの人でした。
観光地からも近いので観光客のお客様も混じっているようですが、
普段なかなかこんなに人が一処に会す場面を見ることがないので、
とても賑やかでした。夏休み真っ最中の子どもたちがとても楽しそうで、
見ているだけで夏休みをおすそ分けしてもらった気分でした。

なんといっても目玉は花火です。このあたりのお祭は、かなり至近距離から花火を打ち上げます。
都会では色んな事情でなかなかこうはいきませんので、とても贅沢です。
お祭りによっては、近すぎて体にドンと振動がきたりします。
地元のおじさん曰く、「花火は見るもんじゃない、体感するもんや」そうです。
一度体感すると、なるほど納得です。


大人も子供も黙って空を見上げています。惑星のようなものは花火です。

元気にはしゃいでる子供たちの姿をみるとやっぱりうれしいですし、
なんやかんやで大人もしっかり楽しんでますし、
こういう地元のお祭りは、いつまでも続いてほしいなと思います。

お祭りらしい写真を撮り忘れてしまって、
地味な写真となってしまいましたが、とにかく祖谷は夏真盛りでございます。

夏休みを満喫している人を見て、夏休み気分を満喫する今日この頃です。
ではではまた。




 
tougenkyo-iya 17:47 comments(0) trackbacks(0)
     
降ったり、やんだり
みなさまこんにちは。ごぶさたしております。

世間はあれよあれよというまに夏休みシーズンです。
おかげさまで本日よりお盆まで、宿は満室の日が続いております。

最近の祖谷のお天気は移り気です。
かんかんに晴れていたかと思えば、いきなりどしゃぶりの雨に見舞われて、
傘を探しているうちにまたかんかん照りに戻ったり。
ややこしいお天気ではありますが、おかげで良いこともあります。

1日の間に雨と晴れの両方の景色を楽しむことができるのです。
しかも、雨上がりに晴れ間がみえはじめる瞬間といったらこれまた美しいです。


見てください、ちらっと虹まで出たりします。

夏の雲と雨上がりの霧がもくもくと。

お客様にもこの移り気なお天気、意外と好評です。

お盆すぎたあたりから9月の初旬頃まではまだまだお宿に空きがございます。
遅めの夏休みをとられる方は、お盆よりも少し料金も下がりますので
狙い目でございます。ぜひぜひお問い合わせ下さい。
 
tougenkyo-iya 17:45 comments(0) trackbacks(0)
     
高低差世界一にチャレンジ!!
ドモドモ、ササカワです。
本州が四国を追い越して、梅雨明けしたようですね。

さて、先週末の三連休はみなさんいかがお過ごしだったでしょうか?
台風11号が直撃し、それどころではなかった人も多かったと思います。
祖谷に関しても、17日の夜に風が強く吹いたものの崖崩れなどはなく皆無事です。

そんな台風一過した19日、落合集落を舞台にある一大イベントが開催されました。
その名も…… 「高低差世界一 流しそうめん」プロジェクト!!
全国ニュースでも取り上げられたようで、ご存知の方もいるかと思います。

当日の朝は、雨が降っていて開催自体も危ぶまれましたが、
スタートする13:00頃には晴れ間も見え、何とか開催することができました。
「桃源郷祖谷の山里」の茅葺き民家も会場として使いました。


こちらは「長岡家住宅」。
近くの駐在さんも長岡のおばあちゃんも流しそうめん食べてらっしゃいました。


こちらは「晴耕」と「雨読」。
みんなで「そうめん!! そうめん!!」と盛り上がっていました。





今回のプロジェクトの主催、サントリー伊右衛門のFacebookページはこちら
tougenkyo-iya 15:59 comments(0) trackbacks(0)
     
「ダレゾ」
みなさま、お初にお目に掛かります。
 
この四月よりスタッフとして働かせてもらっております、コウダと申します。
 
 
さて、タイトルの言葉ですが、宿のお掃除等でお世話になっているNさんに会釈をした際、Nさんと世間話をしていたご年配の女性から発せられたものでした。
 
僕は車の運転中だったので、窓越にお二人に「こんにちは」と伝えてすぐに通り過ぎてしまいましたが、その音を反芻すると「ダレゾ」→「誰ぞ?」であることに数秒後に合点しました。
 
平家言葉の名残があると言われる祖谷の方言ですが、昔古文の授業か何かで習って印象的だった「黄昏」=「誰そ彼」の音の響きが目の前(耳の前)で展開されたことに、意表をつかれ、またこの土地とその生活の来し方を妄想するのに充分なインパクトを受けた次第でした


そんなわけで、仕事上の直接の関係がない地元の方等にはまだ認知されていなかったりもする自分ですが、祖谷の土地を知るために、休日などは鋭意周辺の探検を行っています。
 
数々の観光名所もさることながら、散策をしながら特に心を引かれるのは、名も無く人知れずある自然の造形や場所の空気感です。
 
車道から少し脇に入った森の中の明るみ、社叢の古木、見たことの無い山野草のつぼみ、霧を黄金色に染める峠の夕日など、いつも相貌を変え続ける何気ない風物との「出会い」を貴重に感じています。

                     


「なにもないがある」というのが、桃源郷祖谷の山里のキャッチフレーズになっていますが、過剰な情報や刺激への対応から解放された心身の感覚は、自ずと外の世界に向かって開き、普段は意識されなかった周りの環境の微妙な質感に敏感に気付けるようになるのかもしれません。
 
景色だけではなく、例えば、水流の音や雨上がりの茅葺き屋根の匂い、素足で歩く床板の踏み心地など、ここには開いた感覚が喜ぶ要素が沢山あるように思われます。
 
忙しい日常のルーティーンから距離を置き、ぼんやり「誰ぞ?」と自分に問えたり、環境から問われたりできる時間。刹那の消費よりも、お家に帰った後もじわりと心に残り続ける体験。そんな旅のお手伝いを出来ればと、ふつつかながら願っております。

        
最後に宣伝ですが、ご予約いただいた方には、もれなくオリジナルの「落合集落散策マップ」を差し上げております!
 
ここには、昔から現在まで集落の人達が生活道として歩き続けてきた「里道」の案内図があり、車道を通るよりもずっと身近に祖谷の生活を感じるための手掛かりとなります。お楽しみに!!
 
 
長文失礼致しました。
それではまた。
tougenkyo-iya 00:57 comments(0) trackbacks(0)
     
NPO法人 篪庵(ちいおり)トラスト 活動報告会@東京
ドモドモ、ササカワです。
先週、5日(日)に東京・日本橋にあるコレド室町3の橋楽亭(きょうらくてい)
NPO法人 篪庵(ちいおり)トラストの活動報告会をしてきました。
私も当日の朝に祖谷を出発し、僭越ながら、祖谷での宿泊事業の説明をしてきました。
徳島県と三好市の行政の方にもお越しいただき、県や市の取組みについてのお話しをしていただきました。



また、当日のアレックスの話しをハフィントンポストの方が記事にしてくださいました。
是非、御覧ください。
tougenkyo-iya 11:58 comments(0) trackbacks(0)
     
When you wish upon a star.
ドモドモ、ササカワです。
梅雨入りしたものの、連日雨が降る日はほとんど無く、梅雨感は全く感じない今日このごろで、
夏至も過ぎ2015年も折り返しますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日は、お客様からいただいた素晴らしい写真を紹介します。
早速見ていただきましょう。





どうですか?
写真の腕もさることながら、宿からこんな星空が見えるんですよ!!
2枚目の写真の影になっているのは茅葺の屋根の部分でしょうね。
梅雨時期の靄も綺麗だと言ったことは置いといて、
晴れの日は晴れの日でも、朝から晩まで飽きることのない景色を楽しめます。

宿においている冊子の表紙に、祖谷のことをこう表現しました。
「なにもないがあるところ」
都会では当たり前にあるものさえ、この祖谷には無いかもしれません。それを不便に感じるかもしれません。
しかし何も無いからこそ、ここを訪れるそれぞれの人達の感動によってそれが埋められ、
祖谷が特別な場所になることを願ってやみません。

以前、オープンカーでいらしたお客様が、シートを倒し星空を眺めているのを見て、
そんなことを思いましたとさ。
tougenkyo-iya 20:08 comments(0) trackbacks(0)
     
梅雨、入りました
みなさま、こんにちはスタッフのオオラクです。

3日前、四国も梅雨入りとなりました。
先日のブログでもお話しましたが、梅雨時期の落合集落はとても幻想的です。
下からもくもくと霧が吹きあがってくる光景は、まさに桃源郷です。

風で霧が流されて刻一刻と景色が変わります。


妖しく立ち込める霧。

一般的には閑散期ともいわれる時期ですが、今しか見れない景色なので
お泊りをご検討の方には今がほんとにおすすめです。

ちょうどこの景色を撮影した日にお泊まりいただいたお客様から、
「天気予報だと晴れるかもで残念だなと思ってたら雨でうれしいです!」と、
少し妙なのですが、なんともうれしいお言葉をいただきました。
それぐらい価値ある景色だと思います。

梅雨時期のご予約はまだまだ間に合いますので、
ぜひこの景色を見にいらしてください。一見の価値有りです。

ではでは。



 
tougenkyo-iya 22:08 comments(0) trackbacks(0)
Page: 2/10  << >>

Category

Profile

http://tougenkyo-iya.jp/

Editor

Chiiori Trust

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

Sponsored Links