スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク - -
     
新棟改修の記録2015
ブログをご覧の皆さま、初めまして。
桃源郷祖谷の山里の運営スタッフのミミウラと申します。

現在、桃源郷祖谷の山里では、2015年、春のオープンに向けて、2棟の茅葺き古民家の改修工事を、急ピッチで進めています。
今回から、数回に分けて、オープンまでの様子をお伝えして行きます。


先ずは、一棟め、M家のご紹介。



屋根はブルーシートに覆われている状態で、中から見上げるとこんな感じ。


外壁には、祖谷の茅葺き民家の特色の一つ、『ひしゃげ竹』が貼られています。


板壁に、昔住んでいた人が残していったものでしょうか?お札が貼られていました。興味深い…


続いて、H家のご紹介。


茅葺き職人さんの使う道具が置いてあります。


屋根の上に乗せる分です。杉皮が巻かれています。


ひしゃげ竹を貼る前の土壁。ひしゃげ竹を括る紐が見えます。括った紐を、どの位の寸法を残して切るか、なども古式に則り、決められているそうです。


この日は、このH家の現場の親方の奥様にお話を伺うことができました。
この建物が建っている土地は、標高も高く、遮る物も無いので、絶えず強風にさらされて、今回は大変な難工事だそうです。

そんな悪条件にもかかわらず、H家の茅葺き屋根は、見事に美しい形に仕上がりつつ有ります。職人さん達の努力には、頭が下がる思いです。

次回は、また、違った角度から、改修工事の様子をお伝えしようと思います。
お楽しみに!

おまけ

帰りに、集落の古老のお宅を訪問したら、森で拾った鹿の角と、罠に掛かって仕留めた鹿の角を見せてくれました。



仕留めた方は、毛が付いてて、ちょっとグロい…

tougenkyo-iya 18:08 comments(0) trackbacks(0)
     
スポンサーサイト
スポンサードリンク 18:08 - -
Comment








Trackback

Category

Profile

http://tougenkyo-iya.jp/

Editor

Chiiori Trust

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

Sponsored Links

Entry: main  << >>